原木シイタケにこだわって

秋山種菌研究所では原木を使用した栽培にこだわっています。最近の椎茸栽培は、約300年もの歴史をもつ原木椎茸栽培と最近になって始まった菌床椎茸栽培に分かれて生産が行なわれています。原木栽培で生産されたシイタケの味・歯ごたえ・香りは、菌床栽培のものと比較してその優位さは歴然としています。また、原木栽培で生産されたシイタケは、その生産過程からもより安全で・安心な食材と断言できるものです。また、今では原木シイタケの他にエノキやナメコ、マイタケ、ヒラタケなども同様にその生産方法は菌床栽培またはビン栽培となり、原木物の入手はより困難な状態です。原木キノコを食べたい!子供の頃食べたあのキノコは風味があった!など、そんな方々には、「原木きのこ専門にこだわり、その良さを伝えたい」弊社の商品で実現していただきたいと思います。